在宅被災者とチーム王冠に関する報道


「在宅被災者の様子を知る」

▼日本経済新聞:2017年2月5日 「在宅被災者」、公的支援受けにくく

▼NHK仙台放送局:2017年2月5日 「在宅被災者」への支援考える

▼河北新報:2016年5月16日 <在宅被災者> 支援の枠外 置き去り | 経済困窮 住宅再建困難4割 (報道部・高橋公彦記者)

▼毎日新聞(大阪):2016年1月14日 阪神大震災21年 生活再建支援法 雨漏り、水浸し払えぬ修理費 在宅被災者、置き去り

▼東北復興新聞:2015年10月1日 「在宅被災者」の現実に向き合う/津久井進弁護士(一人ひとりが大事にされる災害復興法をつくる会共同代表)

▼47NEWS:(2015/5/18)【震災5年目の今】壊れた家、孤立、高齢化「在宅被災者」に支援を(共同通信/高橋宏一郎記者)
※この記事は秋田魁新報、岩手日報、福島民報、東京新聞、神奈川新聞、静岡新聞、神戸新聞、愛媛新聞、宮崎日日新聞でも紙面掲載されました。

▼KYODO NEWS(動画配信):(2015/5/16) 壊れた家で生活「在宅被災者」に支援を

▼中日新聞:つなごう医療 中日メディカルサイト
家は残ったけれど(上)直せない 健康不安 出費負担に
家は残ったけれど(中)元気が出ない 切り詰めても生活苦
家は残ったけれど(下)継続が力 「交流バス」で孤立防ぐ

▼苫小牧民報社WEBみんぽう : 被災地の光と影―東日本大震災から4年  完戸雅美記者
(2015/3/5)(3)宮城県石巻市
(2015/3/6)(4)宮城県石巻市

▼東洋経済オンライン(週刊東洋経済) :
(2014/02/14) 被災者を追い立てる震災復興事業の不条理 岡田広行記者

「被災弱者」  岡田広行(著)岩波新書
「復興の加速」から取り残されていく人びとと、支援に奔走し続けるボランティア―東日本大震災から4年の今、そしてその先を鋭く問う。

 

「在宅被災者の現状を伝えたい」
チーム王冠を主体として、普通の人たちがこの現状を「なんとかしたい」と活動しています。
あなたも、いっしょに取り組んでみませんか?

▼タウンニュース社 : (2015年2月5日号)在宅被災者の今、動画配信 岸根町在住杉崎夫婦

▼東北復興支援ボランティアサークル「みなと」
「みなと」は、3.11で被害を受けた東北を支援するために結成されたサークルです。
2013年7月19日に設立され、京都大学や佛教大学、同志社大学など京都市の大学生21人が所属しています。
http://minato719.web.fc2.com/index.html
https://ja-jp.facebook.com/team.kyotouniv

 

「在宅被災者・チーム王冠の活動の様子がわかる映像集」

共同通信社 2015年5月3日配信
現行の災害関連法は被災者の暮らし再建に役立っていないとして、新たな法整備を国に求­める被災者や支援者の集会が仙台市内で開かれた。約100人が参加。「住宅面を­中心に一人一人が大事にされる法律が必要だ」と話し合った。
https://www.youtube.com/watch?v=a60NB98N09I

チーム王冠 藤井さん 大津さん 生活支援のNHKニュース
石巻医療圏 健康・生活復興協議会としての活動の一環。
こういった在宅被災者が当時から認識されていました。
https://www.youtube.com/watch?v=VyHALCUHzDg

石巻在宅避難アセスメント 1月23日昼NHKニュース(宮城版)
石巻医療圏 健康・生活復興協議会による在宅避難アセスメントの実態調査の様子です。
このニュース動画は宮城版です。
https://www.youtube.com/watch?v=ydFyFTqrnEo

在宅被災世帯アセスメント 石巻医療圏 健康・生活復興協議会様 篇
こういった取り組みは国や行政から認識されながら必要性が認められませんでした。
国、県、自治体に在宅被災者を被災者として認める担当者は2015年現在、いません。
https://www.youtube.com/watch?v=69IXyWwpc_Q

石巻医療圏 健康・生活復興協議会のこころのケア活動 NHKニュース
見たことが無かった、聞いたことが無かった、知らなかった。
考えたこともありませんでしたか?
https://www.youtube.com/watch?v=73l_1S7Yv2E

 


コメントは受け付けていません。