【記事紹介】在宅被災者への支援考える—NHK仙台放送局


チーム王冠が協力して行われてきた、仙台弁護士会による在宅被災者の実態調査を踏まえた意見交換会が、2月5日、仙台市内で開かれました。

動画ニュースを見る

(記事より抜粋)
弁護士会が行った実態調査の結果が報告され、国の支援制度を使って自宅の応急的な修理をしたため、その後、災害公営住宅への入居を希望しても断られたケースがあったことや、自宅のある場所が区画整理の対象になったもののなかなか買い上げ金額が示されず、今後の見通しが立たないといった声があることなどが紹介されました。
参加した弁護士からは、「各自治体に、被災者ごとの生活再建の支援計画をつくる要員を置くなど、ひとりひとりに寄り添った支援を行っていくことが必要だ」といった指摘が上がっていました。
仙台弁護士会は今後、行政に意見書を出すなどして、在宅被災者への支援の充実を働きかけていくことにしています。


カテゴリー: 記事紹介   パーマリンク

コメントは受け付けていません。