【活動報告】仙台弁護士会主催のシンポジウムに参加


2015年9月18日ーー
一人ひとりが大事にされる災害復興法を作る会共同代表のおひとり、新里宏二弁護士が所属される仙台弁護士会主催のシンポジウムが、仙台弁護士会館(仙台市青葉区)で開催されました。
弁護士以外でも参加可能な一般公開とされ、参加者は70人くらいだったと思います。

講師(報告者)は、東北工業大学・田代侃名誉教授(山元町で支援活動)、チーム王冠代表の伊藤建哉、イージーライダーの梨木あきら氏(移動支援)、こころスマイル代表(チーム王冠副代表)の志村知穂、東洋経済新報社の岡田広行記者(被災弱者著者)のほか、在宅被災者やその支援者など数名も発言しました。

伊藤は、許可を得て撮影した在宅被災世帯(家屋)の写真や当ホームページ内でも公開しているパワーポイント資料を用い、現状と被災してから今に至る過程などを説明。志村は震災で家族を失って学校に通えなくなった子供たちのケアを、家族を含めて包括的に行っている活動を説明しました。

チーム王冠代表の伊藤

こころスマイル代表の志村

岡田氏は9月にチーム王冠と合同で行ったアセスメント調査の結果を報告。行政が用意している公的扶助(再建支援)が十分に活用されていない現状や、東松島市が運営しているコミュニティーバス(移動支援)が、制約が多く使いにくいものなっていることなどを説明されました。

被災弱者の著者、岡田広行記者

会の性格上、参加者は弁護士やその関係者が多かったと思いますが、被災者の生活再建では金銭面、土地や建物の問題など、法律的な助言が必要となる場面が多々あるので法律の専門家の協力は欠かせません。弁護士が現状を知る機会は意義が大きいと思います。

締めくくりで登壇した新里宏二弁護士

(J)


カテゴリー: 活動報告   パーマリンク

コメントは受け付けていません。