【活動報告】高知県議と参議院議員が石巻を視察


6月21日(日)、高知県議会の坂本茂雄議員以下9名の視察団および自民党阿達雅志参議院議員が宮城県を訪れ、石巻などを視察されました。チーム王冠のコーディネートにより浸水地域、在宅被災者宅などを視察。また在宅被災者と直接意見交換をする場も設けられました。

高知県は太平洋地域で発生する大地震、大津波の被害が想定される地域で、東日本大震災クラスの地震・津波が発生した場合、避難所や仮設住宅の不足による在宅被災者の発生が心配されます。坂本議員のブログにもあるように、高知県の減災の備えに活用していただきたいと思います。
※坂本茂雄議員のブログ

自民党の阿達議員は参議院復興特別委員会メンバーのおひとりでもあります。去る6月12日、代表の伊藤が東京の議員会館で直接お会いし、被災弱者の著者、岡田広行氏を交え、在宅被災者が発生した理由と公的な支援が薄く今日に至るも困窮されている方が多い現状を説明させてもらいました。在宅被災者問題を認知されてから、積極的に問題解決の方策を模索されています。
※阿達雅志議院オフィシャルサイト


カテゴリー: 活動報告   パーマリンク

コメントは受け付けていません。