作成者別アーカイブ: スタッフ

【記事紹介】 河北新報

継続的に在宅被災者について取材を続けている河北新報の高橋公彦記者の記事が配信さされました。 ▼ <在宅被災者>支援の枠外 置き去り (2016年5月16日付) ▼ <在他被災者>経済困窮 住宅再建困難4割 (2016年5月16日付) 東日本大震災から5年以上が経過しましたが、いまだに住宅再建のめどが立たない人が少なからずいることが分かります。

カテゴリー: 記事紹介 | コメントは受け付けていません。

【活動報告】お湯っこツアーを開催

2016年4月9日—– 被災者間の新しい「横のつながり」を創出する温泉ツアー(お湯っこ)を開催しました。 参加者は男性3名、女性4名。場所は宮城県大崎市の花おりの湯です。 桜にはまだ少し早い時期でしたが、皆さん久々のお楽しみとあって、表で迎えの車を待っていてくれました。 報告・写真(F)

カテゴリー: 活動報告 | コメントは受け付けていません。

【活動報告】日本弁護士連合会主催のシンポジウムに参加

2016年3月10日– 東京都千代田区の日本弁護士連合会会館で開かれた「新たな被災者の生活再建支援制度の構築に向けて~東日本大震災・原発事故5年の教訓を踏まえて~」と題するシンポジウム(主催・日弁連)に代表の伊藤健哉が参加し、基調講演を行いました。 シンポジウムの様子(一部)は動画でご覧いただけます。 IWJ Independent Web Journal配信の記事と動画はこちら <関連記事> 東京新聞WEB(2016年3月16日配信) 「個人の生活実態で判断を 日弁連シンポ、国の被災者支援改善求める」

カテゴリー: 活動報告 | コメントは受け付けていません。

【記事紹介】東洋経済新報社・岡田広行記者(被災弱者著者)記事配信

「被災弱者」の著者で、東日本大震災被災地を丁寧に取材されている岡田広行氏の新しいレポートが配信されています(東洋経済ONLINE)。 震災から5年、被災者に牙をむく「防災道路」~宮城県山元町で起きた復興事業の不条理~ 被災者の住宅支援、まかり通る「恣意的運用」~「町外に転出なら支援対象外」はおかしい 記事は宮城県山元町が舞台です。石巻市や気仙沼、南三陸町に比べメディアの露出は少ないですが、5年前には同じように大きな被害を受けた被災地で、在宅被災者も多く暮らすところです。 ぜひご一読ください。

コメントは受け付けていません。

【記事紹介】東日本大震災5年 学び継ぐ(東京新聞)

2016年3月10日付 東京新聞電子版より– チーム王冠副代表志村知穂が運営する、こころスマイルハウスの取り組みが紹介されました。 記事本文を読む

コメントは受け付けていません。

【活動報告】東京弁護士会主催の研修会に参加

2016年2月26日— 東京弁護士会の主催による研修会で在宅被災者問題が取り上げられました。チーム王冠の伊藤健哉代表と、東日本大震災以降、災害弱者問題の取材に取り組まれている東洋経済新報社の岡田広行記者が今回の講師として招聘を受け、在宅被災者発生の経緯からこれまでの支援活動の取り組み、現行の支援制度の課題について説明しました。

カテゴリー: 活動報告 | コメントは受け付けていません。

【活動報告】被災3県の弁護士会主催のシンポジウムに参加

2016年1月31日— チーム王冠では、仙台弁護士会と協力して在宅被災者の聞き取り調査と問題解決への処方箋づくり、その後のフォローアップを進めていますが、その仙台弁護士会をはじめとした被災3県の弁護士会が主催するシンポジウムに、チーム王冠代表の伊藤が参加しました。 シンポジウムでは、制度のすき間に入り込み、現在に至るも公的な支援の受けられないまま過ごす在宅被災者などの現状報告と、現行制度の不備、その見直しなどが話し合われました。 詳しくは毎日新聞の記事(電子版2月1日付)をご覧ください。

カテゴリー: 活動報告 | コメントは受け付けていません。

【記事紹介】阪神大震災21年 生活再建支援法 雨漏り、水浸し払えぬ修理費 在宅被災者、置き去り(毎日新聞)

2016年1月14日付 毎日新聞大阪朝刊より—- (毎日新聞WEB版より転載) <阪神大震災21年 生活再建支援法 雨漏り、水浸し払えぬ修理費 在宅被災者、置き去り> 宮城県石巻市渡波地区のパート従業員、古座登美子さん(62)の家族は東日本大震災後、家の布団で寝たことがない。・・・ 記事本文を読む

コメントは受け付けていません。

【記事紹介】石巻市 在宅被災者実態調査へ(NHK NEWSweb)

2016年1月8日付 NHK NEWSweb東北より– 石巻市が在宅被災者の実態調査に着手する、という記事です。 (NHK NEWSwebサイトより転載) 東日本大震災のあと被災した自宅で生活しているいわゆる「在宅被災者」の実態を把握するため、石巻市は、いまも全壊判定を受けた自宅に住んでいる世帯などを対象に調査を始めることになりました。 石巻市によりますと、震災で自宅が被災したものの金銭的な理由などから十分な修理を行えないまま生活を続けているいわゆる「在宅被災者」が現在も数多くいるという指摘が、市民から寄せられているということです。 ところが、仮設住宅などで暮らす被災者に比べてこうした人たちの正確な人数や現状が把握されていないということです。 このため石巻市は、住宅を修理するための国の支援金を受けとらずにいまも全壊判定を受けた自宅に住んでいる世帯などを対象に、12日から調査を始めることになりました。 調査は社会福祉協議会に委託して行われ、1軒ずつ回って自宅の修繕が完了しているかどうかや、生活で困っていることがないかなどについて聞き取ることにしています。 調査はことし3月までの予定で、石巻市福祉部は「経済的な問題や家族の事情など個別的な状況を把握したうえで、どのような支援が必要か検討していきたい」と話していました。 記事本文を見る

コメントは受け付けていません。

▼REDMICKEY’S新作Tシャツ▼

年末に募集した、「レッド・ミッキーズ」バスケットボールクラブのTシャツ購入協力ありがとうございました。 震災で思いっきり遊べない、体を動かす機会が無いということで始めた子供たち向けのスポーツクラブで、ユニフォーム代わりにおそろいのTシャツを作ろうと企画をしました。 発注数が多くなれば単価が下がり、子供たちに安く提供でき、負担を減らせることから「買って応援」購入者を募りましたが、趣旨に賛同していただき、20枚以上の注文が集まりました。 おかげさまで、子供たちは1枚500円程度で購入可能となり、お小遣いの範囲でTシャツを手にすることができました。 ほんの少し、予算を残すことができたので、体育館使用料やボール、備品などの購入費用の一部として使わせていただきたいと思います。 今回、ご協力いただいた方々に感謝致します。 ありがとうございました。 今後とも、ご支援ご協力お願いいたします。 チーム王冠 高橋未希

コメントは受け付けていません。